FRPコンポーズ
パイプ

Materials
New standard

FRPコンポーズパイプは、
鉄道橋梁、鉄塔、電波塔、化学プラント、
一般建築物等の工事に新時代の
足場材として活躍の場を広げています。

従来から鉄道橋の塗装工事では足場材として、感電防止の観点からも木材丸太が使われてきましたが、耐久性や環境への配慮からこれに代わる材料が望まれてきました。
当社では非電導、高強度、軽量なFRP製の足場材の開発を宇部エクシモ(株)と共同で進め、様々な現場試験を実施して、1993年よりFRPコンポーズパイプを実用化しております。
※「コンポーズ」は、宇部エクシモ(株)の登録商標です

特性・特徴

軽くて強いハイテク素材FRPを
先進の技術で特殊樹皮接着3層構造にした
コンポーズパイプ

01

強度・耐久性

・腐食の心配が皆無
・きわめて軽量
・丈夫で長持ち
・安全で作業性がいい

02

絶縁性能

・電気を通さない(電気絶縁)
・電気火花が発生しない

03

電波透過性能

・電波や磁力を透過する
・騒音の心配がない

(一社)仮設工業会にて
承認済み

FRPコンポーズパイプの安全性は(ー社)
仮設工業会にてシステム承認済みです。

また、絶縁性は地方独立行政法人東京都立
産業技術センターの試験で確認済みです。

(一社)仮設工業会承認証

東京都立産業技術センター絶縁性試験成績証明書

単管との比較

FRPパイプの寸法、諸元

項目 単位 φ49.2 □60
外径 49.2 60.0
内径 35.5 50.0
単位重量 kg/m(N/m) 1.55(15.2) 1.85(18.1)
断面積(A) 911 1,172
断面係数(Z) 8,520 19,900
断面二次半径(i) 15.2 22.6
断面二次モーメント(I) 4 210,000 597,000
弾性係数(E) N/㎟ 30,300 22,500
曲げ剛性(EI) N・㎟ 6.36×109 1.34×1010
許容曲げ応力度(fb)※1 N/㎟ 158 77.3
許容せん断応力度(fs)※2 N/㎟ 10.8 8.6

※1 スパン180cmも中央集中荷重による3点曲げ試験結果

※2 せん断スパン20cmの4点曲げ試験結果。せん断応力度の算出は、f(せん断応力度)=S(せん断力)/A(全断面積)とする。

※3 パイプ中央に集中荷重がかかる場合

※4 パイプ中央に1,050Nの集中荷重がかかる場合

導入事例

電波や磁力を透過するため、東京タワーの足場材にも使用されています。

鉄道の橋梁の営業線近接工事(電子区間)では、FRPコンポーズパイプが多く使用されています。

軽量なFRPコンポーズパイプは作業効率がよく送電線の足場材に使用されています。

よくあるご質問

許容圧縮度、許容引張応力度が示されていないのはなぜか?

当社では許容圧縮応力度については、長柱としての座屈耐力から許容応力度を定めています。一方、引張耐力についてはパイプ部材としての試験を行っておらず、許容引張度も定めておりません。一般的な吊り足場ではFRPパイプが引張応力を受けるのは「やらず(ふれ止め)」などですが、この場合は圧縮応力度が部材断面設定に支配的になり、引張応力度で部材断面が決定されることはないためです。当社のFRPパイプの許容圧縮力(許容座屈力)の算定は、以下のとおりとしています。

Pka = π2EI 2ν

ここに、
P:オイラーの式をもとに算出した許容座屈力(N/本)
 (但し細長比(座屈長/断面二次半径)が100以上の場合に適用する。
 細長比が100以下の場合は、100の場合の許容座屈力を準用する。)
π:円周率
EL:曲げ剛性(N・mm2)
:座屈長(mm)
ν:安全率=2.85(FRPパイプに適用する安全率)

安全率の値の根拠は?

FRP工場設計便覧(社団法人強化プラスチック協会)を参考として、
曲げ及びせん断破壊に対して2.85という値を活用しております。

金属製のクランプやジョイントから通電する可能性はあるか?

FRPが導電性でないため、通電の可能性はありません。

FRPパイプが現場では長すぎるため、その場で切断加工しても問題ないか?

独自の補修を行った場合はFRPの強度低下を引き起こす可能性がありますのでご注意ください。当社では強度低下が起こらないよう、次のように補修をしています。

1. 切断:電動工具2mm刃鉄用を用いて部材と垂直に切断
2. 密栓:当社販売品のキャップを用いて密栓
3. 接着:溶剤がアクリル系樹脂のものを使用。推奨はコニシボンドVP2000

パンフレットの
ダウンロードはこちら

リースについて

リースについてはレンタル取扱会社にお問い合わせください。

三鋼仮設有限会社

静岡県富士市南松野2242
TEL:0545-56-1212
FAX:0545-56-1213

株式会社杉孝

営業本部
神奈川県横浜市神奈川区金港町1-7
横浜ダイヤビルディング14F
TEL:050-3539-4079
FAX:045-444-0811

日建リース工業株式会社

東京支店 橋梁事業部
東京都千代田区猿楽町2-7-8
住友水道橋ビル5F
TEL:03-6739-7222
FAX:03-3295-9120

お問い合わせはこちら

業務内容に関するご質問はお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

FRP事業部

03-3252-2515

平日9:00~17:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム
PAGE TOP