鋼構造物塗装事業

Steel

鋼構造物に関する
あらゆる施工・提案

戦前戦中の鉄道の橋りょう工事から始まった企業として、工事中及び工事後の安全担保、保証に注がれる管理技術については心血を注いで努力を重ねてまいりました。

私たち建設塗装工業ではアフターメンテナンス、アフターサービス、保証などの施工後の顧客満足と品質保全の一貫ケア体制を「責務」としてとらえています。定期診断、定期訪問(品質及び機能チェック)を通して収集した情報及びデータを提供公開し診断評価することで厳密な責任施工を貫いています。工事中だけでなく、工事後の安全品質への思い入れは他のどんな企業にも負けません。

道路橋りょう及び
一般鋼構造物塗装

これまで培ったノウハウを活かして鉄道橋りょう・
送電鉄塔塗装以外にも、
道路橋りょう・歩道橋・空港の連絡橋、
さらに落書き対策など幅広い現場で塗装工事を行っています。

道路橋りょうでは、一般的な橋りょうや国の重要文化財に指定されている橋りょうなど交通量が多い市街地での塗替塗装工事も施工してきました。市街地での塗替塗装工事では近隣住民や周囲の環境にも常に配慮することが必要となります。
また、鋼橋塗装のノウハウを活かして、耐候性鋼橋りょうの補修塗装やモノレールの鉄部塗装、コンクリート橋の表面補修(中性化対策)などの施工を行っております。駅の落書き防止塗装は街中の人通りが多い場所であるため、騒音や粉塵など周辺環境に対して考慮する点も多く、鉄道や道路橋りょう工事とはまた違った配慮が必要です。

送電鉄塔塗装

鉄塔塗装は美観の維持だけでなく、
安全に電気を送る設備の維持のために防錆塗装を施します。

工事は常に安全に配慮していますが、
地上100mでの作業は特に安全を心がけています。

電気は遠隔地の発電所から都会の消費地を500kv~22kvの電圧と付加して送電ケーブルを介して送られています。その送電ケーブルを上空で支える送電鉄塔の塗装工事は、作業員が100mの高さまで昇降して作業を行っており、地上での工事以上に安全に配慮が必要です。私たちは、発電所で作り出された電気を企業やご家庭にまで届けるため安全第一で作業しております。

その他鉄部塗装

鉄塔だけでなく、同様な電力関係の機器類の鉄部塗装工事も行っています。
その他にも、今は保存展示されている車両の化粧直し、往時の輝きに復元する工事なども行っています(ドイツ・AEG社EC40 10000型 アプト式電気機関車)。

鉄は、適切なケアを行えば
いつまでも使用できる素晴らしい材料

わたしたちは、その経験的知恵を次世代へ継承します

「今は山中、今は浜、今は鉄橋渡るぞと・・・ 」と唱歌にある鉄は、明治維新後イギリス、アメリカ等から輸入されました。しかし、鉄(鋼)の表面には、空気中の水と酸素とにより、錆が発生します。錆は鋼の断面を減少させるため、そのまま放置しておくと橋としての機能が失われてしまいます。
かつて、旧山陰本線余部鉄橋には、鉄道院職員として「橋守(はしもり)」と呼ばれた塗装技術者集団がいました。その使命感に満ちた緻密で丁寧な仕事により、98年に及んだ供用の間、塩害環境下においても橋の健全性は維持されていました。わたしたちは、その技術者集団のDNAを継承し、鋼橋の機能を維持、延命化するための経験的知恵を今も蓄積し続けています。
一方、関東大震災後の帝都復興事業の象徴として1923年当時の最先端技術を駆使して建設された清洲橋は、既に100年近く、道路橋として供用されています。今回の補修により、これからも橋としての機能を維持し、日本の経済活動を支え続けます。

お問い合わせはこちら

業務内容に関するご質問はお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

鉄構事業部

03-3252-2539

平日9:00~17:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム
PAGE TOP